ここ数年、急激に成長を見せるブンデスリーガ。

今季の開幕は例年より遅く、今週26日(金)に新シーズンがスタートする。

カルロ・アンチェロッティを新監督に迎えたバイエルンが前人未到の5連覇を達成するのか、あるいは積極補強のドルトムントがそれを防ぐのか。日本人選手の活躍も目が離せない。

そんな新シーズンの開幕を控え、『Opta』がこんなデータを紹介していた。

こちらは、2010-11シーズンから2015-16シーズンまで過去6季におけるブンデスリーガの得点ランキングである。

このランキングでもバイエルンから2人がランクインしており、ロベルト・レヴァンドフスキが堂々の1位(121ゴール)。

毎年コンスタントに得点を重ねるトーマス・ミュラーも78点をあげているのだが、実はそれ以上に点をあげているのがシャルケFWクラース=ヤン・フンテラールだ。

オランダが生んだ万能型ストライカーのフンテラール。

2012-13シーズンから2013-14シーズンにかけて負傷が相次ぎ過去6シーズンで他の選手より少ない159試合にしか出場していないのだが、これまでの通算ゴール数は80。これはミュラーよりも1点多く、ブンデスリーガ全体で2位につける数字だ。

ここ数シーズンはやや低迷を見せるシャルケだが、怪我があってもこうして断続的に結果を残すあたりはさすがフンテラールである。仮にコンディションが万全であれば、もっとゴール決めていたはず。2011-12シーズン以来となる得点王を目指し、今季も奮闘に期待したい。

シャルケはブンデスリーガの第1節で、長谷部誠擁するフランクフルトと対戦する。