PK戦の末決着がついたEURO2016の準々決勝、イタリア対ドイツ戦。

この試合で話題になったのは、PK戦でイタリアの2番手として登場したシモーネ・ザーザの奇妙なモーションだった。

延長後半終了間際の118分、エデルに代わって投入されたザーザ。

PK要員として期待されていたのだが、必要以上に細かくステップを踏むモーションでボールへと近づくと…ボールは無情にもクロスバーを越え、失敗に。

その奇妙なモーションは大きな話題となっているのだが、早速コラ動画が作られてしまっている。

ザザがボールに近づくと登場するのは、アイスランドの「神実況」として知られるグズムンドゥル・ベネディクトソン氏。このコラボはズルい!

そして…

しまいにはボールを通過してノイアーの方へと向かっていく始末。そして最終的にはノイアーを蹴り、ノックアウトしてしまうというオチだ。

違和感を全く感じさせない加工の技術が凄い…。

他にもザーザのモーションに似たいろんな動きが集められている。