グループステージ初戦のイタリア戦で敗れたものの、日に日にコンディションを上げている印象のあるベルギー代表。

Round of 16ではハンガリーを0-4と下し、難なく準々決勝進出を決めた。

決勝トーナメントでは強豪ひしめく“山”とは違う側に入ったため、次のウェールズ戦に勝利すればファイナル進出も現実味を帯びてくる。

そんなベルギーの守護神であるティボー・クルトワは、ここまで全4試合でフル出場。

初戦を除く3試合でクリーンシートを達成しているのだが、国歌斉唱の際、100%の確率であることをしているのだそうだ。

こちらが、今回のEUROにおける国歌斉唱時のクルトワの様子をまとめた映像。

基本的にはしっかりと口ずさんでいるのだが、カメラがクルトワの前を通過すると必ずあごの部分を触っているのが分かる。

スウェーデン戦の時にはあごに触れた後胸のあたりで十字を切っているようにも見えるが…これがクルトワなりのおまじない?

次節のウェールズ戦でも注目してみたい。