英3部のヨーヴィル・タウンはフリーエージェントになっていたクレイグ・イーストモンドとシーズン末までの契約を結んだと発表した。

ロンドン出身のイーストモンドは1990年生まれの24歳。アーセナルで育成され、18歳でトップチームにデビュー。その後UEFAチャンピオンズリーグにも出場した。アンカーや右サイドバックとして献身的な守備とパスレンジが評価され、ヴェンゲルから「インテリジェントな選手」と讃えられた逸材であった。

だが、その後はローンが続き、2013年には3部コルチェスター・ユナイテッドへ完全移籍。そして、この2月にはコルチェスターを退団となっていた。なお、ヨーヴィルは現在リーグ最下位。

イーストモンドは、2011年に配信したアーセナルの逸材特集で取り上げた選手でもある。当時はアカデミーのヘッドコーチから「若手全員の見本になる存在」と絶賛される存在だった。

【厳選Qoly】本日初戦!U-23日本代表、パリ五輪出場を左右する「キープレーヤー」5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら