1月22日、『L'Equipe』は「元リヴァプールのフロラン・シナマ=ポンゴルは、スイス2部のローザンヌ・スポルトのトライアルに合格した」と報じた。

フロラン・シナマ=ポンゴルは1984年生まれの30歳。ル・アーヴルの下部組織出身で、2001年のU-17世界選手権で得点王とMVPを獲得したことで知られるストライカー。その活躍から、若くしてリヴァプールに引き抜かれた。

しかしイングランドではあまり活躍できず、レクレアティーボやサンテティエンヌなど多くのクラブに移籍してプレーすることになった。2014年9月にはアメリカ・メジャーリーグサッカーのシカゴ・ファイアーに加入し、7試合に出場した。

記事によれば、金曜日に行われたローザンヌ・スポルトのトライアルを受けていたフロラン・シナマ=ポンゴルが合格し、今後契約が行われる見込みであるという。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名