W杯南アフリカ大会前にQoly編集部のメンバーで開催して盛り上がった座談会企画。今回は日頃からお世話になっている、Qolyユーザーの方々をゲストとしてお招きし、リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、セリエAにおける、2010-11シーズンのベストイレブンを選定するという新たな試みにチャレンジしてみました。未経験のことばかりで不安も多かったですが、蓋を開けてみると、前回の座談会以上に熱を帯びる展開に・・・。

本日から各リーグをポジション別に分けて配信するので、サポーターの気持ちになってご覧いただけると幸いです。

第三弾はプレミアリーグのDF(サイドバック)編をお届け。

※M(モウモウ)、R(TKB48)、S(サケコヴィッチ)、T(Qoly編集部:T)、A(一同)、敬称略。

HN モウモウ
プロフィール Like:Football/Mourinho/Chelsea/PremierLeague/ England/Villas-Boas/FootballManager/F1/・ソ/iPhone/Music/ Sports/Baseball/ Snowboard/Game/海外ドラマ/etc... モウリニスタ。
ツイッター @moumoukazie

HN TKB84
プロフィール NO FOOTBALL, NO LIFE!心のなかはとにかくArsenal,Arsenal,Arsenal!ガナ以外に関しては中堅以下のクラブ推し。やたら好奇心旺盛。地元浜松を心から愛する大学生。将来、地域に根ざしたクラブを創ることを目論む。
ツイッター @Ryouichi_T

HN サケコヴィッチ
プロフィール マンチェスター・シティのサポーター。大学在学中にはサッカー雑誌や有名TVゲームの制作に従事。卒業後は別の業界に就職。
ツイッター 現在、アカウント停止中


ライトバック部門
一位 ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ (34試合4得点5アシスト)
二位 ラファエウ (16試合0得点1アシスト)
三位 カイル・ウォーカー (16試合1得点3アシスト)

選考者がその選定に悩んだライトバック。シーズンを通して安定した働きを見せたブラニスラフ・イヴァノヴィッチが一位となり、二位にはギャリー・ネヴィルの後継者として来季以降も期待されるラファエウ、三位にはA代表にもコンスタントに招集されているカイル・ウォーカーがランクイン。PFA年間ベストイレブンのバカリ・サニャはインパクト不足で外れた。


レフトバック部門
一位 アシュリー・コール (38試合0得点5アシスト)
二位 ホセ・エンリケ (36試合0得点3アシスト)
三位 レイトン・ベインズ (38試合5得点10アシスト)

このポジションでは、ビッグクラブへの移籍が噂されるまでに成長したホセ・エンリケが目立ったが、相変わらずの好パフォーマンスを継続しているアシュリー・コールには及ばず。三位には全試合に出場し、5得点10アシストと、特筆に値するスコアを残したレイトン・ベインズがランクイン。その他では、ブラックプールのスティーヴン・クレイニー、トッテナムのブノワ・アス=エコトらの名前も挙がった。