今夏にドイツで開催されるEURO2024。

ベルギー代表を率いるドメニコ・テデスコ監督は25人の招集メンバーを発表した。

GK
マッツ・セルス(ノッティンガム・フォレスト/ENG)
クン・カステールス(ヴォルフスブルク/GER)
トーマス・カミンスキ(ルートン/ENG)

DF
ウート・フェイ(レスター/ENG)
ティモシー・カスターニュ(フラム/ENG)
アルトゥール・テアト(レンヌ/FRA)
ヤン・ヴェルトンゲン(アンデルレヒト)
アクセル・ヴィツェル(アトレティコ・マドリー/ESP)
ゼノ・デバスト(アンデルレヒト)
トマ・ムニエ(トラブゾンスポル/TUR)
マクシム・デ・カイペル(クルブ・ブルッヘ)

MF
アステル・ヴランクス(ヴォルフスブルク/GER)
ユーリ・ティーレマンス(アストン・ヴィラ/ENG)
オレル・マンガラ(リヨン/FRA)
ケヴィン・デブライネ(マンチェスター・シティ/ENG)
アルトゥール・フェルメーレン(アトレティコ・マドリー/ESP)
アマドゥ・オナナ(エヴァートン/ENG)

FW
ロメル・ルカク(ローマ/ITA)
シャルル・デケーテラーレ(アタランタ/ITA)
ジェレミ・ドク(マンチェスター・シティ/ENG)
ロイス・オペンダ(RBライプツィヒ/GER)
レアンドロ・トロサール(アーセナル/ENG)
ジョアン・バカヨコ(PSV/NED)
ドディ・リュケバキオ(セビージャ/ESP)
ヤニック・カラスコ(アル・シャハブ/KSA)

2023年に代表を引退していた35歳のヴィツェルが復帰。その一方、DFトビー・アルデルヴァイレルト、MFハンス・ファナーケン、FWミチ・バチュアイ、FWドリース・メルテンスらが外れた。

テデスコ監督は、EUROの登録数は26名にもかかわらず25名になった理由については「23人で行きたかった。なぜなら、グループ内の調和が大事だと考えているからだ。23人なら誰もがプレーする見通しがある。ただ、フィットネスが微妙な選手たちもいるので、熟慮の末に25人を呼ぶ決断を下した」などと説明。そのうえで、2人の若手を練習要員として連れて行き、そのうちのひとりを登録するとも述べていた。

また、センターフォワードを本職とする選手はルカクとオペンダの2人だけだが、トロサールらもその位置でプレーできることから、バチュアイは呼ばなかったと説明。指揮官はバチュアイ本人に電話で説明したそうで、がっかりしていたがそれは理解できるとも話していた。

そして、ファナーケンとメルテンスの落選については、デブライネやデケーテラーレらとのポジション争いの犠牲者だと説明している。

ベルギー代表の「歴史上最高ベストイレブン」

なお、自らEURO欠場を発表していたGKティボー・クルトワについては、「ティボーは自分の体を一番よく知っている。彼は正直で、EUROには間に合わないと早めに発表した。それが私が得ている最新情報だ」と指揮官は述べていた。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名