今季のイングランド・プレミアリーグで首位を走っているアーセナル。試合消化数が一つ少ないマンチェスター・シティが1ポイント差で迫ってきているが、まだ優勝の可能性を残している。

ミケル・アルテタ監督の下でうまく組み上げられたチームは安定したパフォーマンスを発揮しており、最近では数名の選手との契約を更新することを発表してきた。

ただ、『Arsenal Insider』はこの中で冨安健洋ら3名の選手の契約延長はリスクが大きいと指摘しているようだ。

「アーセナルは先日冨安健洋と新契約を結んだ。彼が優れた選手であることに疑いの余地はなく、クラブで最高の1対1を持つディフェンダーだと呼ばれている。

しかし彼の長期的な怪我の問題は、必要なときに体調を整えて出場できるという信頼が得られないことも意味する。今年に入ってからプレミアリーグでは2試合しか先発出場できていない。

最も賢明な行動は、25歳の冨安健洋を売却して、彼を置き換えられるようなより信頼できるフィットネスを持った選手を獲得することだ。

それに加えてアーセナルはレアンドロ・トロサールとの新契約を結ぶための交渉を行っている。彼は最近センセーショナルな成績を収めており、来季も同様の価値があるだろう。

ただ29歳の選手を高く売るのはこれが最後のチャンスだ。彼はアーセナルで最高のフィニッシャーだろうが、スピードには欠けており、先発の際には好印象を残すために苦労することもある。

最後に、ジョルジーニョもアーセナルでの滞在を延長する可能性が高まっている。繰り返しになるが、彼も今季アルテタのチームには欠かせない存在だ。しかし最近のバイエルン・ミュンヘン戦ではその試合のペースに苦戦した。

32歳の彼は決して成長途上の選手ではないし、その経験はとても役立つものであるが、もし彼が来季も残るのであれば『ジョルジーニョに依存しないための補強』が必要になるだろう。

彼ら全員が新契約を結んで来季もクラブに残ったとしても特に悲惨なものではないが、どれも進歩的なものではない」

冨安健洋も指名!アーセナルが来季に大きな役割を期待する6人

冨安健洋はすでに契約延長にサインしており、ジョルジーニョとトロサールも現在交渉がかなり進んでいると言われている。

しかしながら『Arsenal Insider』は彼らの残留は特に進歩的なものではなく、今後のクラブを停滞させる足かせになるリスクを孕んでいると感じているようだ。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名