2023年に通算8度目となるバロンドールを受賞したリオネル・メッシ。

2020年度のバロンドールは新型コロナウイルスの影響によって授与自体がなかった。翌2021年度はメッシが受賞したが、筆頭候補とされたロベルト・レヴァンドフスキが2位となったことが物議を醸した。

『Le Monde』は、バロンドールを主催する『France Football』の編集長が当時メッシが所属していたPSGから便宜を図って貰っていたと報じ、この授与は調査対象になっている。

そうしたなか、レヴァンドフスキは『Sport Bild』のインタビューでこう話していた。

「2020年と2021年は自分のキャリアで最高の年だった。最近、ある友人がスタッツを送ってきた。僕が(その2年間に)85試合で100ゴールを決めていたとものだ。

もちろん、いつかバロンドールを受賞したかった。あのトロフィーがまだないことに怒っているわけでも、悲しんでいるわけでもない。ただ、あの2年のうちどちらかは自分の番だったという気持ちがある。

2021年はメッシのものだ。2020年の回顧賞の噂があると聞いた。あの年は自分にとって素晴らしいものだった。自分は最高レベルにあったし、僕ら(バイエルン)は全てを勝ちとった。

こう言ってみよう。4年後に2020年度のバロンドールを受賞することになっても、決して気分は害されない。大変光栄だし、賞を受け取るだろう」

やはりまだ煮え切らない思いがあるようだ。

「選考で論争があったバロンドール」10名

なお、レヴァンドフスキは、現在世界最高選手については、「キリアン・エムバペとジュード・ベリンガム」と話していた。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名