マンチェスター・ユナイテッドでプレーする19歳のアルゼンチン代表アレハンドロ・ガルナチョ。

14日のボーンマス戦で前半終了後にアマド・ディアロと交代になったが、SNS上でのいいねが物議を醸すことになった。

ガルナチョは自分の交代に疑問を呈したYouTuberの投稿にいいねをしていたのだ(その後、いいねは削除)。

『BBC』によれば、エリック・テンハフ監督はこの件についてこう述べたという。

「アレハンドロは若い選手であり、多くを学ばなくてはいけない。彼はその件について謝ったので我々は前に進む」

ユナイテッドではジェイドン・サンチョもSNS上での投稿が問題視され、チームから除外されることになった(1月にドルトムントへローン放出)。

「マンチェスター・ユナイテッドで消えてしまった」天才たち

21日に行われるユナイテッド対コヴェントリーのFAカップ準決勝でガルナチョがどう扱われるのか注目される。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名