ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーする日本代表MF田中碧。1部リーグへの移籍を熱望しており、今夏にボルシアMGへの移籍が決まっているとも報じられている。

ただ、フォルトゥナ・デュッセルドルフは現在3位と1部昇格が狙える位置につけている。もし、昇格を果たした場合には田中との契約を延長したい考えのようだ。

『Bild』は「この日本人スターは、この数カ月でデュッセルドルフのビッグネームとなった。昇格した場合、2025年に満了する田中との契約を延長することが有力なプラン」と伝えた。

フォルトゥナ・デュッセルドルフが1部に昇格したら、田中は残留することもありえるようだ。

海外日本人、欧州から見た市場価値が最も高い11人(最新版)

ドイツ2部は残り6試合。町野修斗が所属する2位ホルシュタイン・キールと3位フォルトゥナ・デュッセルドルフとの勝点差は6ポイントある(2位まで自動昇格、3位は昇降格プレーオフ)。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」