フライブルクの堂安律が30日に行われたブンデスリーガ第27節ボルシアMG戦で、2試合連続今季4点目となるゴールを決めた。

後半12分の得点シーンがこちら。

ボルシアの板倉滉からボールを奪ったフライブルクがカウンターに出ると、堂安が味方とのパス交換からゴール!

『Sport1』では「堂安が美しいコンビネーションからゴール」、『FAZ』では、「板倉からボールを奪ったフライブルクがカウンターから堂安がゴール。ボルシアは全くついていけず」と伝えていた。

adidasと契約していないのに「日本代表の10番」をつけた8名

クリスティアン・シュトライヒ監督が今季限りで退任することが決まったばかりのフライブルクだったが、堂安の得点などで3-0の快勝を収めている。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名