日本サッカー協会(JFA)は30日、中止となっていた北朝鮮代表との試合について3-0での不戦勝になったことを明らかにした。

日本代表は3月26日にワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮と平壌で対戦する予定だったが、直前になって北朝鮮側が開催地の変更を要求したため試合は中止に。

どのような裁定が下されるか注目されていたが、JFAに対してFIFA規律委員会から「試合は0-3で北朝鮮側の敗戦として没収する」との通知があり30日の発表となった。

これにより日本代表はミャンマー、シリアとの残り試合を待たずして2次予選の突破を決めている。

この結果を受け、先日JFAの新たな会長に就任した宮本恒靖会長は、「3月26日に平壤で試合が行われなかったことについて、日本時間の本日未明にFIFA規律委員会の決定内容を受け取りました。この試合の取り扱いに関するステイタスが更新されたことは良かったと思います。ワールドカップ予選突破に向けて、森保監督やスタッフ、選手たちには引き続き良い準備をして試合に臨んで欲しいですし、JFAとしてもしっかりとサポートをしていきます」とコメント。

日本代表、北朝鮮との3月シリーズで「株を上げた」3名の選手

また森保一監督は「没収試合で日本の勝利という結果の通知を聞きました。選手たちの大切な出場機会が失われたことに変わりありませんが、一つ前に進んだとポジティブに捉えています。当然この結果に満足することなく、6月の代表活動、最終予選、ワールドカップ本番へと力を積み上げていきたいと思います」と話している。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら