3月26日に欧州各地で行われたEURO2024予選のプレーオフ決勝。

ジョージアは首都トビリシでギリシャと対戦し、PK戦の末に本大会への出場権を手にした。

1991年にソ連から独立したジョージア。2015年には国名をロシア語読みの「グルジア」から変更したことでも知られる国だ。

そんな彼らにとって、EURO出場は史上初の快挙。日本で最も有名なジョージア人の一人であるこの方もSNSで歓喜のポストを行った。

ティムラズ・レジャバ氏は2021年11月に駐日ジョージア大使に就任。小中高大を日本で過ごし、ジョージアへ帰国したあと外交官として再来日した35歳だ。情報発信が上手く、Xのフォロワーは33万人を誇る。

サッカー好きとしても知られ、今回の予選突破を「歴・史・的・快・挙」としたレジャバ氏は、日本語で「応援ありがとうございます」と感謝の言葉も綴っている。

ちなみに、先日は日本代表の北朝鮮戦を親戚の少年とともに観戦。レジャバ氏が着ているユニフォームは2002年の日韓ワールドカップモデルでは…。

伝統料理シュクメルリの広がりなど、近年日本で馴染みのある国となりつつあるジョージア。代表チームも元フランス代表のウィリー・サニョル監督のもとで非常に良い仕上がりを見せている。

政治家、会長、神童…栃ノ心の母国ジョージア出身のサッカー選手が実はすごい

初めて臨む欧州サッカーの大舞台。すでにグループステージの組み合わせは決まっており、グループFのジョージアはトルコ、チェコ、ポルトガルと対戦する。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名