『DAZN』で毎週木曜日に更新されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は内田と同じく「調子乗り世代」のストライカーであったハーフナー・マイクを迎え、日本代表の北朝鮮戦、そしてU-23代表のパリ五輪予選を特集した。

その中で、ハーフナー・マイクはベガルタ仙台時代にともにプレーしていた板倉滉について以下のように話していた。

内田「今の日本代表で仲が良い選手とかいる?」

ハーフナー「板倉滉とは仙台のときに一緒にやってたよ。クラブハウスから離れた練習場があって、いつも乗せてってもらってた」

内田「乗せてってもらってた?マイクが乗せてったんじゃなくて、乗せてってもらってたの?」

ハーフナー「そう。乗せてってもらってたの。運転するのが面倒くさくて。朝も弱いしね(笑)

板倉はめっちゃいいやつ。オレはシーズンの途中からレンタルで行ったんだけど、一番最初に絡んできたのが板倉と野津田(岳人)。二人が一番最初にゴリゴリに絡んできたね。

めっちゃフランクだし話しやすいし、面白いし、人間性はピカイチだと思います」

内田「裏表がない感じ。誰とでも仲良くするし、優しいし、モテそう…って思ってます」

日本代表、定着・招集に期待したいイケメン候補5人

ハーフナー・マイクは2018年の7月にヴィッセル神戸からベガルタ仙台へと期限付き移籍し、半年間だけ所属していた。そこで真っ先に接触してきたのが板倉滉と野津田岳人(現サンフレッチェ広島)だったという。

そしてロールモデルコーチとして日本代表と関わっている内田篤人は、板倉滉の人間性について「優しくてモテそう」と語っていた。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名