世界的な人気を誇る「ドラゴンボール」などの作品を手がけた鳥山明氏が68歳で亡くなった。サッカー界にもドラゴンボールを愛する選手は多く、追悼のメッセージが寄せられている。

そうしたなか、本田圭佑は英文に日本語を添える形でX上にこんな投稿をしていた。

「数え切れない。

かめはめ波を何度放ったことか。舞空術で何度動いたことか。瞬間移動を何度使ったことか。精神と時の部屋で何度修行したことか。仙豆を回復のために何度食べたことか。

どれほどドラゴンボールに影響を受けたことか。ありがとう、鳥山明先生。安らかにお眠りください」

原文では、カメハメハ、 舞空術、 瞬間移動、 精神と時の部屋、仙豆という部分だけが日本語になっている。

タトゥーまで彫る!「ドラゴンボール」を愛しすぎなスター6人

本田は漫画好きで、「蒼天航路、キングダム、クローズ、ワンピースあたりも忘れんといて。他にも山ほどある。」という投稿もしたことがあり、沈黙の艦隊、グラップラー刃牙、サンクチュアリ、キングダムなども愛読していたそう。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名