シント=トロイデンは、4日に敵地で行われたベルギー1部第28節アントワープ戦に0-3で敗れた。

後半17分にPKで失点すると終盤にさらに2点を奪われる展開だった。3失点したGK鈴木彩艶だが、何度も好セーブを見せており、現地で評価を上げたようだ。

『HBvL』では、「鈴木彩艶はシント=トロイデンで彼史上最高の試合をした」と讃えている。ハイクロスへの対応やシュートセーブなどでミスをしなかったと評価。ただ、本人はこう話していたそう。

「この結果では個人的パフォーマンスについて言うことは何もない。また失点したのは残念。先制されると、簡単に追加点を許してしまう。それが今日の唯一のフラストレーションだった。

それを除けば、アントワープが単純にはるかに強い相手だった。特にフィジカルでは惨敗だった。それについては正直にならなければいけない。彼らは全てのポジションに付加価値のある選手たちがいた。だから、今日はあらゆるところが危険だった」

シント=トロイデンはホームでは2試合連続で無失点。ただ、最近6試合で1分5敗と苦しんでいる敵地では、6試合で17失点を喫している。

日本代表、2024アジアカップで評価を下げた5名

11日の次節も敵地でのオイペン戦だ。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら