英国で上演された話題の演劇・舞台を世界各地の映画館で上映するイベント「ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)」が、日本でもTOHOシネマズ日本橋ほかで3月22日(金)からスタートする。

そのNTLiveのトップを飾る作品として登場するのは、イギリスを代表する劇作家ジェームズ・グレアムによるサッカーイングランド代表を描いた物語『ディア・イングランド』だ。

サム・アラダイスの解任に伴い、低迷するイングランド代表監督に就任したギャレス・サウスゲイトが、チームに自信を取り戻させ立て直す姿を少しコミカルに描くスポーツドラマ。作品に登場する監督・選手は全て実在の人物である。

本作の公開を記念して3月20日(水・祝)にTOHOシネマズ日本橋で先行上映されるが、そのトークイベントにサッカー実況でおなじみのフリーアナウンサー倉敷保雄さんの登壇が決定した。

1993年からフリーとしてスカパー!、JSPORTS、DAZN、SPOTVNOW、U-NEXTなど、国内外でのサッカーの実況者として活動中で、穏やかな語り口のなかにさらりとジョークを織り交ぜる実況スタイルが人気のアナウンサー。本作にうってつけのゲスト登場はサッカーファンなら要チェックだ。

倉敷保雄さんトークイベント付き先行上映の概要

日時:3月20日(水)1回目11:55~、2回目16:00~

場所:TOHOシネマズ日本橋

チケット販売:TOHOシネマズ日本橋の劇場HPにて、上映日2日前の3月18日(月)から販売開始

イングランド代表、英国の名門“UMBRO”が生んだ「名作ユニフォーム」11選

『ディア・イングランド』ストーリー

世界にサッカーを広めた“母国”なのに、なかなか勝てず苦境に立たされているイングランド代表チーム。自信を喪失しているチームを率いるギャレス・サウスゲイトは、全く新しいチームを作る意気込みでチーム再建という難題に挑む。

自国開催のEURO1996で、自身のPK失敗によりイングランドの準決勝敗退が決まったという苦い経験を持つサウスゲイト。チームと国を約束の地に戻すためには、心を開き、長年の痛手を直視する必要があることを知っていたー。

サウスゲイト監督と代表メンバーを描く本作は、英国上演時に大きな話題を呼んだスポーツマンの葛藤を描く白熱のドラマ。苦悩に立ち向かう登場人物たちに思わず喝采を送りたくなるような作品である。

【作品情報】

原題:DEAR ENGLAND

上映時間:184分(休憩1回込み)

【公開劇場】

3/22(金)~

TOHOシネマズ日本橋

シネ・リーブル池袋

TOHOシネマズららぽーと横浜

TOHOシネマズ赤池

大阪ステーションシティシネマ

中洲大洋映画劇場

●その他

アップリンク京都 4/5(金)~

シネ・リーブル神戸 4/12(金)~

大阪シネマフロンティア ※日程未定

詳細についてはナショナル・シアター・ライブ(NTLive)の日本語公式ウェブサイトまで。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら