日本代表は31日、AFCアジアカップ・カタール2023のラウンド16でバーレーン代表に3-1で勝利した。

試合開始から自陣でコンパクトに守るバーレーンをこじ開けられなかった日本だが、31分、毎熊晟矢のミドルシュートがポストを直撃し、そのこぼれ球を堂安律が押し込んで先制に成功。

後半に入り49分には久保建英が追加点を決めると、一度はオウンゴールで1点差に詰め寄られたものの、72分に上田綺世が3点目のゴールを決めて突き放した。

試合後の『DAZN』のインタビューに登場した堂安律は、「毎熊選手の素晴らしいシュートが転がってきて、常に準備はしてたのでゴールになって良かった。それだけじゃなくチーム全体として戦えたのでそれが勝利に繋がったと思います」と先制点を振り返った。

これが待望の大会初ゴールとなった。ワールドカップに続いて勝負強さを発揮しているが、「自分のゴールより本当に大事なのはチームの勝利なんで。それは常に心掛けてこの大会を通してやってますし、それが勝利に繋がってよかったです」とあくまでもチームとしての勝利を強調した。

日本代表、アジアカップ優勝へ「逆襲の鍵を握る」5名の選手

準々決勝は土曜日、中2日という厳しい日程での試合となる。

「タフな試合が続くと思いますけど、さっき言ったように全員がフォアザチームの心を持って…何が何でも優勝したいんで。しっかり次も勝って(その先に)進みたいと思います」

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名