日本代表は31日、AFCアジアカップ・カタール2023のラウンド16でバーレーン代表に3-1で勝利した。

試合開始から自陣でコンパクトに守るバーレーンをこじ開けられなかった日本だが、31分、毎熊晟矢のミドルシュートがポストを直撃し、そのこぼれ球を堂安律が押し込んで先制に成功。

後半に入り49分には久保建英が追加点を決めると、一度はオウンゴールで1点差に詰め寄られたものの、72分に上田綺世が3点目のゴールを決めて突き放した。

貴重な追加点を決めた久保建英は、「非常にタフな試合で、球際のところで今日は僕たち負けてなかった。そこでイラク戦とは違って僕たちのチャンスの時間が増えたと思う。そこに自分も少しながら貢献できてよかった」と『DAZN』のインタビューで試合を振り返った。

ゴールは一度はオフサイド判定で取り消されたもののVARによって認められた。

「本当だったらあそこは上田(綺世)選手がターンしてそのまま打ってくれたら良かったんですけど。ちょっとお見合いみたいになっちゃって僕のところにこぼれてきた。事前にルールガイドで説明があって、ああいうゴールは多分認められるとなってたんで。(ポジションが)オフサイドなのは分かってましたけど、シュートを打って決まってよかったです」

日本代表、アジアカップ優勝へ「逆襲の鍵を握る」5名の選手

準々決勝は中2日という厳しい日程での試合となるが、「早めに交代して体もフレッシュなんで。しっかりまた次に向けていい準備をしたいと思います」と意欲をみせていた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名