日本代表チームは24日にAFCアジアカップ・カタール2023のグループステージ第3節となるインドネシア戦に臨んだ。

試合開始まもなくペナルティエリア右で上田綺世が倒されてPKを獲得し、日本代表が先制に成功。

さらに後半開始から6分が経過したところで、左サイドからのクロスをファーポストで待っていた上田綺世が今日2点目となるゴールを奪取した。

加えて88分には上田綺世のシュートから相手のオウンゴールを誘発させて3-0と大きくインドネシアを突き放した。試合終了間際にロングスローから失点したものの、3-1というスコアで日本代表は決勝トーナメントへの進出を決めている。

上田綺世はフラッシュインタビューで以下のように試合を振り返った。

「前回の試合からの反省点をチームとして意識していましたし、いい入りができたんじゃないかと思います。

自分のパフォーマンスについては、まだまだ課題がありますし、納得の行かないプレー、納得の行かないクオリティもいっぱいある。

そこは修正していきながらも、今日は点を獲って勝てたので、それは良かったと思います。

決勝トーナメントの相手は関係なく、自分たちの力を最大限に発揮できるように、これから良い準備をしていきたいと思います」

【関連記事】上田綺世も続け!フェイエノールトにいた「すげぇ伝説ストライカー」5名

試合開始直後に日本代表を助けるPKゲット、さらに自らゴールを決めて流れを引き寄せた上田綺世。しかしそのなかでも自分のプレーにはあまり納得できていないとのことで、決勝トーナメントでさらなる活躍を志しているようだ。

【厳選Qoly】日本代表、「呼んでほしいが呼ばれたら驚き」な国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら