今季からベルギーのシント=トロイデンでプレーする伊藤涼太郎。

アルビレックス新潟ではJリーグを席巻する活躍を見せていたが、新天地では15試合で1ゴール1アシストに留まっている。その伊藤は、『HBvL』でこう話していたそう。

「自分がもっと良くなる必要があることは分かっている。

攻撃への関与が十分ではない。自分も得点数の少なさに責任の一端があると感じている(15試合で18得点)」

「(ベルギーは)想像以上に大変。でも、自分はポジティブだ。

良くなっているし、プレースタイルにも適応してきている。ゴールやアシストができれば、すぐに発進できると信じている」

ベルギーでは主にセンターハーフとして起用されている伊藤。

【関連記事】日本代表、2023年に評価を下げてしまった5名の選手

まだ攻撃面で貢献できていないとしつつ、これから真価を発揮できると信じてもいるようだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★