マンチェスター・ユナイテッドは3日に行われたプレミアリーグ第14節のニューカッスル戦に0-1で敗れた。

暫定ながらユナイテッドが7位に降下した一方、ニューカッスルは5位へ順位を上げている。

Optaによれば、ユナイテッドは上位8位とのアウェイゲームに2021年10月以降一度も勝てていないそう(3分10敗)。

また、『Telegraph』によると、この試合ではエリック・テンハフ監督とアントニ・マルシャルが衝突していたという。

指揮官は前半にマルシャルとマーカス・ラッシュフォードの守備に対する不満を露わにしており、後半16分にその2人を同時にベンチへ下げた。

【関連記事】マンチェスター・ユナイテッドの 「21世紀最悪ワーストイレブン」

ただ、テンハフ監督は「これはマルシャルのことではない。個人のパフォーマンスには言及しない。(2人に対して攻撃的なコーチングをしたのは)チームを活性化し、リアクションを引き出そうとした。タフな時期なので、コーチングも少しアグレッシブになったが、普通のことだ」と試合後に説明している。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら