バルセロナでサッカー界の頂点を極めたリオネル・メッシ。

そうしたなか、元チームメイトであるジャン=クレール・トディボの発言が話題になっている。

『Marca』によれば、こんな話をしていたそう。

「バルセロナでは練習中にメッシに触れることは許されなかった。

おかしく聞こえるけれど、本当だよ。僕らは気をつけなきゃいけなかった。

当たり前のことさ。彼は最高の選手。傷つけたくはない」

バルサのトレーニングでは、怪我をさせないためにメッシへの接触禁止令が出されていたとか。文字通り、アンタッチャブルな存在だったようだ。

【関連】サッカー界の「謎の禁止命令」10選

なお、バルサのトップチームで5試合にしか出場できなかったトディボは現在ニースでプレーしている。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら