かつて無回転系のフリーキックでGKたちを震え上がらせたクリスティアーノ・ロナウド。

そうしたなか、レアル・マドリー時代の同僚であるラファエル・ファンデルファールトとロイストン・ドレンテの元オランダ代表コンビが『Ziggo Sport』でロナウドについて語っていた。

ドレンテ:クリスティアーノはとてもナイスガイだったが、すごい人間でもあった。何かをこっそりやろうとしても、彼はできなかったね。

ファンデルファールト:練習で彼がフリーキックを蹴るのを見た時、『うまいか?』と思った。最初のトレーニングではあまり良くなかったんだ。

うまいとは思わなかったが、試合が始まると彼は非常にクレバーで何でもとてもうまくやったよ」

ファンデルファールトは、練習ではロナウドのFKをうまいとは思わなかったそう。

【動画】ロナウド史上最悪!?中国チーム相手の大失敗フリーキックがこれ

 

ただ、実際に試合が始まるとそのすごさを目の当たりにしたとか。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら