アーセナルの月間MVPを受賞した日本代表DF冨安健洋。

影山優佳さんと対談したABEMAの番組では、ビルドアップについても語っている。

アーセナルと日本代表ではこんな違いがあると感じているようだ。

(ビルドアップという点で)アーセナルは本当にパズルみたいにやってるから。こうしたらああしてみたいな。

何回も同じシーンが試合のなかで出てくるので、再現性が高い。

(2-0で勝利した10月の)チュニジア戦で感じたのは、日本代表はクオリティ勝負をしてもいいなって。

2vs1の状況を作ったほうが打開しやすいじゃないですか。

でも、それが2vs2であれ、日本代表の選手たちがいま持っているクオリティからすれば、勝負していけるなっていう。

アーセナルのサッカーのほうがより再現性は高い。日本代表のサッカーのほうが自由度が高くて、発想力だったり、アイディアで勝負する。

どっちがいいとかではなくて、ただの違いではあるんですけど。両方できるようになったら強いなと思いますね。

アーセナルは再現性が高い一方、日本代表は自由な発想があるという。

【関連記事】史上最強の日本代表を支える「絶対的」5名

どちらがいい悪いではないとしつつ、日本代表の面子からすれば、クオリティで勝負できると感じているようだ。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名