セルティックの得点源として活躍する古橋亨梧。彼とホットラインを築いているのが、MFマット・オライリーだ。

BBCによれば、オライリーは古橋についてこう話していたそう。

「僕と彼はピッチ上ですごくいい関係にある。

たぶん、僕がセルティックで記録したアシストの7割は彼へのものだと思う。

それは彼と一緒にプレーすることがどれほどいいものか、彼とのプレーのしやすさを示すものだ。

彼の動きはトップクラス。本当のところ、僕らはもうちょっと彼の走りを使わなければいけない。彼の動きはあまりに良いからね。

彼にボールを渡すのは当然さ。なぜなら、彼は自分へのスペースを作り出すためにハードワークしているからね。

僕らは彼のことを活用し続ける必要がある。チーム内で最高のゴールスコアラーだし、これからも助けてくれるだろうからね」

古橋の動き出しは素晴らしく、チームとしてもっと使えるはずだと感じているようだ。

【関連記事】海外日本人、欧州から見た市場価値が最も高い10人(2023年最新版)

22歳のオライリーはこれまで古橋と68試合ともにプレーしてきた。Transfermarktによると、彼がプロキャリアのなかで最も多く得点に絡んでいるのは古橋(11得点で断トツ)。

古橋のキャリアで最も多くともに得点を生み出したのは、アンドレス・イニエスタ(15得点)で、オライリーはそれに次ぐ2位。お互いにとって相棒と呼べる存在になっているようだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★