2年連続でプレシーズンに日本ツアーを行ったPSG。

ネイマール(現アル・ヒラル)やプレスネル・キンペンベなどキャラのタトゥーを彫るほど日本のアニメが好きな選手もいた。

21歳のFWウーゴ・エキティケも日本アニメが好きなようだ。Instagramのストーリーに『呪術廻戦』を観る様子を投稿していたのだ。

呪術廻戦は2018年から週刊少年ジャンプで連載され、その後、アニメ化された世界的な人気作品。

NetflixやAmazon Prime Videoでも配信されており、エキティケが見ていたのは、五条悟と伏黒甚爾が闘うシーズン2エピソード3 第27話だった。ショッキングな結末の回だっただけに思わず投稿していたようだ。

【関連記事】タトゥーまで彫る!「ドラゴンボール」が大好きすぎる6人のスター

呪術廻戦は、漫画の累計発行部数が7000万部を突破しているほか、アニメ版もCrunchyroll Anime Awardsで2021年の最優秀作品賞に選ばれるなど評価されている。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★