先日、リヴァプールのコロンビア代表FWルイス・ディアスの両親が誘拐された事件が大きな話題になった。

母親はすぐに解放されたものの、父親のルイス・マヌエル・ディアスは事件発生から10日以上が経っても行方がわかっていない状況である。

ルイス・ディアスはそれから2試合を欠場したものの、ルートン・タウン戦では途中出場からゴールを決め、シャツをたくし上げて父親の解放を願うメッセージを見せていた。

『Mirror』によれば、同じように父親を誘拐された経験を持っているナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルは、彼の状況に同情すると話した。

ジョン・オビ・ミケル

「ワールドカップのアルゼンチン戦がキックオフされる2時間前だった。兄から電話があり、父がナイジェリアで2度目の誘拐をされたということだった。

1回目の誘拐の際は、僕が犯人と交渉をした。多くのお金を求めてきたから、それを僕は支払った。

しかしながら、2回目も起こってしまった。それも僕が代表チームでプレーしていた時に兄から電話が来たんだ。本当に衝撃的だった。

1回目もそうだったが、2回目は更に衝撃だった。なぜなら、それは人生最大の試合に臨もうとしていたからだ。

最終的に1週間後に父親は解放された。僕は心配をかけないように誰にもそれを明かさなかったが、アルゼンチン戦には負けて大会を去ることになった。

ルイス・ディアスには本当に同情するよ。ただリヴァプールのサポートはすばらしい。

僕のときもチェルシーは非常に協力的だった。ロマン・アブラモヴィッチ(当時のオーナー)が、解決させるための人員を送って欲しいかと言ってくれた。どうやってそんなことができるのかと思ったよ。彼は『もしそれを望むのならばやれる』と言って、心配しないように言ってくれた。

そして、リヴァプールが今ルイス・ディアスにやっているサポートもすばらしい。称賛しなければならないよ」

【関連記事】世界を変えてくれ!政治家に擁立したい選手たち

非常に厳しい状況の中で、ユルゲン・クロップ監督やクラブから手厚いサポートを受けてプレーを続けているルイス・ディアス。ミケルから見てもそれは非常に素晴らしいポイントであるそうだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」