サッカーをよりよくするために導入されたVARだが、プレミアリーグでは物議を醸す判定が相次いでいる。

CL前日会見に登場したアーセナルDF冨安健洋にもそれについての質問が飛んだ。

VARは確認時間がますます長くなっていたりするが、選手目線からして、サッカーを改善するものになっていると思うかと聞かれるとこう答えていた。

「……正直、分かりません(苦笑)でも、あまり言わないほうがいいですね(笑)

僕は選手なので。自分の仕事は皆さん(メディア)の前で話すことではなく、ピッチ上でプレーすることです。なので、そういうことです」

アーセナルはニューカッスル戦に0-1で敗れた後、ミケル・アルテタ監督がVAR判定について「恥ずべき」と発言したばかり。

【関連記事】冨安健洋の年俸はいくらなの!アーセナルで給料が最も高い5人(2023年最新版)

冨安は上記のやり取りの前には「あなたも言ったようにあの得点は受け入れられるようなものではありませんでした。なので、僕らはより感情的になったんです」などとも話していた。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名