サッカー選手にとって最高の栄誉とされる『バロンドール』。

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が創設したサッカー界の年間最優秀選手賞で、男女の受賞選手には黄金のボール型トロフィーが贈られる。

このトロフィーを収納する特別なケース(トロフィー・トランク)を今年手掛けるのは、世界的なファッションブランドのルイ・ヴィトンだ。

普段はじっくりと見る機会のないトロフィー・トランク。一体どのようにして製作されているのだろうか。

パリ郊外のアニエールに構える歴史的なルイ・ヴィトンのアトリエにて 、経験豊かな職人たちによって手作業で製作された2つのトロフィー・トランク。その外装はお馴染みのモノグラム・キャンバスで覆われている。

各トランクに備え付けられた2枚の折り畳み式フロントパネルには、バロンドールの黄金色のトロフィーに合わせてゴールドカラーのペイントで 「Victory(勝利)」と「Vuitton(ヴィトン)」 を意味する「V」を描く。

トランクの外装には、ルイ・ヴィトンを象徴するクラシックなロジンのトリミング や、160年以上にわたりルイ・ヴィトンのトランクに使用されてきたものと同じ真鍮(しんちゅう)製のコーナープロテクター、ロック、クラスプが使用されている。

トランクの内側には引き出しを備え、ライニングはブラックのマイクロファイバー、蓋の内側には 「Ballon d’Or」 のロゴを刺繍であしらう。

授賞式のステージで披露される2つのバロンドールトロフィー・トランクは、 「Victory travels in Louis Vuitton(勝利の喜びをのせて旅するルイ・ヴィトン) 」 のさらなる証となる。

【関連記事】「W杯での活躍でバロンドール候補になった」意外な5名のスター

FIFAワールドカップ、ラグビーワールドカップ、フォーミュラ1(F1)モナコグランプリなど、これまで世界屈指のスポーツ大会のためにオーダーメイドのトロフィーケースを数多く製作してきたルイ・ヴィトンの長い歴史の中で、バロンドールのトロフィー・トランクは新たなランドマークとなるだろう。

2023年度のバロンドール・トロフィーとそれを収めるトロフィー・トランクは誰の手に渡るのか。表彰式は10月30日にフランス・パリの劇場シャトレ座にて開催される。

今では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。“あの頃”を思いだす数々のユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら