なでしこジャパンで10番を背負う長野風花は、今年からリヴァプールの女子チームでプレーしている。

9日に行われたアストン・ヴィラ戦にもフル出場して、2-0の勝利に貢献した。

ただ、試合前に「ポジション間違えた」と感じていたようだ。

長野はInstagramにヴィラ戦のキックオフ前に撮影された集合写真を投稿。そこに「これでも背伸びしてるのにみんな大きい。ポジション間違えた(泣き笑いの絵文字)」というキャプションを添えていた。

JFAによれば、長野の身長は160cm。両隣の選手は170cm代で、背伸びをしても身長差があると感じたようだ。

確かにつま先立ちしているようにも見える…。小柄ながら確かな技術とビジョンで貢献できているとも言えそうだが。

【関連記事】日本代表、W杯メンバーになった身長160cm台の選手たち

なお、一際大きく見える背番号17のDFジェナ・クラークは身長178cmほどだとか。

【厳選Qoly】炎が復活!日本代表、2024新ユニフォームを発表 「ヨウジヤマモト×adidas」のY-3と歴史的なコラボが実現