メキシコリーグのアレブリヘス・デ・オアハカ対ドラドスの試合で、犬がピッチに乱入する微笑ましい事件があったようだ。

27日に行われた試合は序盤からホームのアレブリヘスがペースを握り、4-0と一方的なスコアとなって終盤に突入する。

そしてアディショナルタイムに入ったころ、ピッチの中に一匹の犬が乱入。ゴールキーパーが落としたボールを我が物顔でキープし始めたのだ。

ひとしきりじゃれたあとはボールを咥えて警備員や選手から逃げ回る!その走りっぷりに実況アナウンサーも「オーレ!」と大興奮だった。

【関連記事】飼ってる動物もレジェンド級…動物を愛しすぎたサッカー選手8名

なお、試合はもちろんこのままアレブリヘスが4-0で勝利を収めている。

 

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名