ドイツ2部のホルシュタイン・キールに移籍した町野修斗。

開幕2試合で1ゴール1アシストを記録したほか、同僚のルイス・ホルトビがお辞儀ポーズをするなど新天地に馴染んでいる。

20日に行われた第3節マクデブルク戦ではロングスローから得点を演出。クラブは町野のプレーをSNSで紹介している。

町野のロングスローから相手ゴール前が混戦になりゴールが生まれた。

ホルシュタイン・キールは「町野修斗はとても遠くまでロングスローを投げる事ができる。先週末のマグデブルク戦では、町野のスローインがチームのゴールにつながった!」と日本語でも紹介。ただ、チームはこの試合に2-4で敗れている。

【関連記事】「伝家の宝刀!サッカー界で必殺技を持つ9人のスター」

26日の第4節では上月壮一郎が所属するシャルケと対戦するので、町野との日本人対決になりうる。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名