PSGからサウジアラビアのアル・ヒラルへの移籍が決定的となったネイマール。2年契約にサインしており、現地火曜にも発表されるとされている。

『Globo』によると、ネイマールはサウジでの給料やコマーシャル契約などで総額3.2億ユーロ(508億円)を得る見込みだそう。また、PSGも1億ユーロ(158億円)の移籍金を受け取ることになるとのこと。

『L'Equipe』によれば、ネイマールは33歳でアル・ヒラルとの契約が満了になった後、欧州サッカー界に復帰することを望んでいるという。目標は2026年ワールドカップに出場することだそう。

【関連記事】サウジアラビアに移籍した世界的スターで組む爆買いベストイレブン

ネイマールはいまだにワールドカップ優勝を果たしたことがなく、34歳になる次回大会でそれを叶えたいようだが…。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名