この夏、マンチェスター・ユナイテッドが7200万ポンド(131億円)もの移籍金で獲得したデンマーク代表FWラスムス・ホイルン。20歳の彼は190cmを超える長身ストライカーだ。

ユナイテッドは「アタランタでのプレシーズントレーニングで小さい問題があったため、試合出場まで数週間かかる」と発表している。

ただ、『Daily Mail』はより深刻な問題の可能性があると指摘している。

ユナイテッドが行ったメディカルチェックで背中に強いストレス反応が見られたという。これは若手選手にとって疲労骨折につながりかねないものだそう。

ユナイテッドはメディカルチェックで背中の問題を見つけると、MRI検査を受けさせたとのこと。

クラブ外の医療関係者は、このような怪我には慎重なマネージメントが必要で、しばらくの間は疲労骨折を避けるためにも週2試合をこなすのは難しいだろうと話している。

強いストレス反応は、若い年代から高負荷を受けてきたアスリートによく見られるものだそう。17歳でコペンハーゲンのトップチームにデビューしたホイルンもそのケースに当てはまるとのこと。

【画像記事】「”歴史的大損”になったスター選手の高額移籍金」10名

ちなみに、彼の名前の綴りは「Rasmus Højlund」。本人が教えてくれた正しい発音がこちら。

「ホイルン」だ。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら