アメリカでのプレシーズンマッチで対戦したバルセロナとレアル・マドリー。

30日に行われた一戦は3-0でバルサが勝利している。

まだ両チームともに来シーズンに向けた準備段階にあるが、バルサMFフレンキー・デヨングが激しいタックルを見舞うなど試合は白熱した。

『Marca』によれば、レアルDFダニ・カルバハルは試合後にこう述べていたそう。

「バルセロナに負けることがいいはずはないが、今の状況とこの試合の意味を分からなければいけない。

公式戦になったら、俺たちが彼らを上回ると確信している。

チャンスはあったが、バーポストに5回も阻まれたし、(ヴィニシウス・ジュニオールの)PK失敗もあった…。

"真実の時”が訪れたら、俺たちがやつらを凌駕する」

今回はあくまでプレシーズンマッチであり、公式戦になったら違うと豪語していたとのこと。

【関連記事】「バルセロナを拒否してレアル・マドリーに行った」7名のスター選手たち

また、最初の15分はバルサのほうがよかったとしつつ、レアルは新システム(4-4-2)に適応している最中とも述べていたという。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名