早くも2023-24シーズンの開幕が迫ってきたベルギーリーグ。

昨季12位のシント=トロイデンには、今夏も伊藤涼太郎、小川諒也、山本理仁という3名の日本人選手が加わった。

一方で、ステップアップが期待される日本代表のシュミット・ダニエル、橋岡大樹もまだチームにとどまっている。

彼らはこの夏、移籍するのか…。現状について20日の会見で立石敬之CEOが明かした。

「2人とも元気にゲームにも参加しています。ご存知のとおり、数年にわたって彼らは既にこのクラブ、そしてベルギーリーグでプレーはしてますので、本心は…メディアの皆さんのところからも発信がありますけど、ステップアップをそろそろしたいなというのが本音だと思います。

ヨーロッパの場合、移籍のウインドウが8月の最終週、あるいは9月の最初の週まで開いていますので、色々な状況が日々変わっていますけど、まず彼らには『今いる自分のチームで集中して、しっかりと準備をする』ということを伝えています。

本人たちもそういう認識でやってくれています。なので、もし仮に本当に彼らにとって良いオファーがあり、なおかつもちろんSTVV(シント=トロイデン)にとっても良いオファーがあれば、次のステップに進ませてあげたいなという気持ちです。

まだまだ7月中旬ですから、1カ月半以上もの長いウインドウがあります。ただ難しいのは、ベルギーリーグは7月の…もう既に10日後には開幕をします。

こういった状況の中で開幕を迎えるという難しいリーグではありますので、まずは今、自分のチームでしっかりプレーすることに集中してほしいなと思います」

彼らにステップアップしてほしい、させてあげたいという気持ちを滲ませつつ、今できることに集中することが大事だと語った立石CEO。

【関連記事】シント=トロイデンが「100周年記念」23-24新ユニを発表 内に忍ばせる“サムライマスク”を見よ!

今季、100周年を迎えるシント=トロイデン。30日(日)のリーグ開幕戦では、川辺駿が加入したスタンダール・リエージュとホームで対戦する。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★