2030年のFIFAワールドカップ招致を目指すサウジアラビアは、政府系ファンドが破格の投資を行っており、スター選手たちを国内リーグに引き入れている。

『Sky Sports』や『Guardian』によれば、チェルシーの4選手もサウジ行きが濃厚になっているという。

チェルシーはトッド・ボーリー新オーナーのもとで6億ポンド(1090億円)もの補強費を投じており、収支のバランスを合わせるために人員整理が必要な状況にある。

エンゴロ・カンテはアル・イティハド、カリドゥ・クリバリはアル・ヒラル、ハキム・ジヤシュはアル・ナスル、そして、GKエドゥアール・メンディはアル・ヒラルへの移籍に近づいているとのこと。また、ピエール・オーバメヤングにも中東行きの可能性がある。

【関連記事】チェルシー、売却しうる12人の放出候補選手

一方、ロメル・ルカクはアル・ヒラルからの関心を拒否し、インテルへの再ローンを希望しているとのこと。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら