2030年のFIFAワールドカップ招致を目指しているサウジアラビア。

アル・ナスルにクリスティアーノ・ロナウドを迎え入れると、カリム・ベンゼマのアル・イティハド移籍も決まった。

移籍情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、エンゴロ・カンテもアル・イティハド加入が決定的になっているという。

32歳になったカンテはチェルシーとの契約が今月末までとなっており、ロナウドやベンゼマと同じように移籍金は発生しない。カンテは年俸1億ユーロ(150億円)で2025年までの契約を結ぶ見込み。

CBSのベン・ジェイコブス氏によると、アル・ナスルもカンテ獲得を熱望していたという。

【関連記事】カンテも!「岡崎慎司の最強同僚ベストイレブン」がつよすぎ

ただ、アル・イティハドは今年のFIFAクラブワールドカップに出場するため、サウジの取引担当者が同クラブのほうを優先させたとか。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら