かつてマンチェスター・ユナイテッドで香川真司とポジションを争ったアドナン・ヤヌザイ。

28歳になった彼はこの冬にトルコのイスタンブル・バシャクシェヒルにレンタル移籍している。

そうしたなか、この日行われたベシクタシュ戦で人生初の一発退場になってしまった(動画2分から)。

前半33分、足を滑らせて転倒した流れで相手の脛に足裏でタックルする形に…。VARの後、主審は一発レッドカードを提示した。

ヤヌザイはサンダーランド時代の2016年にイエローカード2枚で退場なったことがあるが、一発退場はこれが初(退場自体も2度目)。

同じ日に行われたマンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトン戦ではカゼミロへのレッドカードが物議を醸しているが、この判定も賛否が分かれている。「滑っただけなのに厳しすぎる」、「カゼミロよりも厳しい判定」などとの声も。

【動画】VARでレッド…カゼミロが退場になった問題のタックルシーン

前半で数的不利になったイスタンブル・バシャクシェヒルは0-2で敗戦。エムレ・ベレゾール監督は「レッドカードが出されてもよかったし、出されなくてもよかった。その中間だ。彼は足を上げたが、別の角度から見ると、そうしなければならないように見える(不可抗力)。アドナンが故意にやったとは思えない」と話していた。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら