昨年末のワールドカップでアルゼンチン代表の優勝に貢献したフリアン・アルバレス。

アーリング・ハーランドらとともに今季からマンチェスター・シティでプレーする彼は、アルゼンチンの名門リーベル・プレートの出身だ。

そのアルバレスは『TyC Sports』で、ハーランドについてこう話していた。

「サッカーについてはもちろんだけど、彼はいいやつなんだ。

僕を助けてくれるし、話もする。外側からも彼を見て学ぼうとしているよ。

加入して以降、彼はボカファンだと言って、ボンボネーラの話をしてくる。

ドルトムントでレオナルド・バレルディと一緒だったから、その影響もあると思う。

ちょっとずつでも変えられるか、難しいだろうけれど、やってみるよ」

ハーランドはリーベルの宿敵であるボカ・ジュニオルスのファンだそう。ドルトムントでチームメイトだったDFバレルディ(現マルセイユ)はボカで育った選手なので、彼からボカ愛を叩き込まれたようだ。

実際、バレルディは「初日にアルゼンチンで最も歴史のある最高のチームはどこかと聞かれたのでボカのことで彼を夢中にさせたんだ。ファンのビデオやスタジアムの写真など、ボカにまつわるものを全て見せた。彼はボカファンになり、今でもボカのビデオを見るたびに送ってくれる。『(ボンボネーラに?)いつ行くの』と聞いてくるので、いつか彼がそれを体験できるように、できる限りのことをしてあげたいね。ボカユニフォームを送ってくれと言ってきたし、彼は相当なファンだよ」などと話している。

【関連】タトゥーを彫っていない世界最強のスター11人

アルバレスはボカ派のハーランドをリーベル派にどうにか転向させたいようだが、果たして。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名