日本サッカー協会(JFA)は15日、3月1日からウズベキスタンで開催されるAFC U20アジアカップ2023に向けた日本代表メンバーを発表した。

GK:

23.彼島 優 / Kanoshima Yu
(流通経済大)

1.木村 凌也 / Kimura Ryoya
(日本大)

12.春名 竜聖 / Haruna Ryusei
(水戸ホーリーホック)

DF:

13.諏訪間 幸成 / Suwama Kosei
(筑波大)

4.菊地 脩太 / Kikuchi Shuta
(清水エスパルス)

2.中野 伸哉 / Nakano Shinya
(サガン鳥栖)

5.松田 隼風 / Matsuda Hayate
(水戸ホーリーホック)

15.屋敷 優成 / Yashiki Yusei
(大分トリニータ)

3.田中 隼人 / Tanaka Hayato
(柏レイソル)

19.高井 幸大 / Takai Kota
(川崎フロンターレ)

22.髙橋 仁胡 / Takahashi Niko
(バルセロナ/ESP)

MF:

17.熊取谷 一星 / Kumatoriya Issei
(筑波大)

9.横山 歩夢 / Yokoyama Ayumu
(サガン鳥栖)

14.永⾧ 鷹虎 / Einaga Takatora
(川崎フロンターレ)

7.松木 玖生 / Matsuki Kuryu
(FC東京)

6.山根 陸 / Yamane Riku
(横浜F・マリノス)

8.佐野 航大 / Sano Kodai
(ファジアーノ岡山)

21.甲田 英將 / Koda Hidemasa
(名古屋グランパス)

20.安部 大晴 / Abe Taisei
(V・ファーレン長崎)

16.保田 堅心 / Yasuda Kenshin
(大分トリニータ)

2.松村 晃助 / Matsumura Kosuke
(横浜F・マリノスユース)

FW:

11.坂本 一彩 / Sakamoto Isa
(ファジアーノ岡山)

18.熊田 直紀 / Kumata Naoki
(FC東京)

10.北野 颯太 / Kitano Sota
(セレッソ大阪)

※DF中野伸哉の負傷に伴い、MF松村晃助を追加招集(2/21)

コロナ禍だったため、2018年のAFC U-19選手権以来5年ぶりの開催となるU-20ワールドカップに向けたアジア最終予選。

2003年、2004年生まれの世代が中心となるなか、2005年の早生まれである保田堅心と、昨年の欧州遠征で印象的なプレーを見せたバルセロナ所属の髙橋仁胡(※以前の表記は髙橋センダゴルタ仁胡)が飛び級招集を果たした。

【関連記事】日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

冨樫剛一監督率いるU-20日本代表は、中国、キルギス、サウジアラビアとグループステージで対戦する。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名