プレミアリーグ第20節、トッテナム対アーセナルのノースロンドンダービーが当地で行われた。

試合はウーゴ・ロリスのオウンゴールとマルティン・ウーデゴールのミドルシュートで0-2でアウェイのアーセナルが勝利している。

試合後、冨安健洋らアーセナル選手たちは「君のことを思っているよ、ベス」とのメッセージが書かれたユニフォームを掲げていた。

ベスというのは、アーセナルの女子チームに所属する女子イングランド代表FWベス・ミードのこと。彼女は最愛の母であるジューンさんを卵巣がんのために亡くしたばかり。

その際、ミードは「母は家族に見守られながら、安らかに息を引き取った。私たちの心は壊れ、一部は永遠に欠けたままになるでしょう。でも、いま天国は特別な天使を得た。あなたがいなくなってしまったのは悲しいけれど、一緒に時間を過ごせたことにより感謝している」とのメッセージを出していた。

アーセナルの選手たちは母を亡くした彼女に勝利を捧げていたようだ。

ミード本人も「マイクラブ」とのコメントに感涙とハートの絵文字をつけて、反応していた。

【関連】「アーセナルでヴェンゲルの下を離れた」ベストイレブン

なお、首位に立つアーセナルは18節終了時点でクラブ記録となる勝点47を獲得。2位マンチェスター・シティとの勝点差は8となっており、久々の優勝に向けた期待が高まっている。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★