36年ぶりにワールドカップ優勝を成し遂げたアルゼンチン代表。

35歳のリオネル・メッシの新たな相棒として台頭したのが、22歳のフリアン・アルバレスだ。

『Ole』によれば、アルゼンチン人の妻をもつ元チリ代表FWイバン・サモラーノは、こう話していたそう。

「私はクラシックなセンターフォワードだったが、いまやそういう存在はいない。

いまのモダンなサッカーでは、フリアンが最も完成されたストライカーだと思う。

彼はあらゆることをうまくやる。

サイドに流れつつ、中に上手く入ってくるし、ファーストディフェンダーにもなってくれるし、チームメイトのこともサポートするし、ヘディングもうまいし、右でも左でもシュートを打てるし、短距離だけでなく長距離でもフィジカルパワーを発揮できる。クロアチア戦のゴールをそれを見せつけたよ。

なので、前線全体でプレーする選手でいえば、彼が最も完成されている。

なぜなら、アーリング・ハーランドはサイドではあまりうまくプレーできないし、キリアン・エムバペも“9番”としてはあまりプレーしないからね。

フリアンは全部やれる。何よりも彼には計り知れないほどのハートがあり、それが彼をより完成度の高い選手にしている。

彼がアルゼンチンサッカーの未来であることは間違いない」

アルバレスがクロアチアとの準決勝で見せた爆走ゴールは確かにすごかった。

センターサークル付近から突き進んでゴールまで奪っている。

【関連】「圧倒的に過小評価された」世界的ストライカー5名

レアル・マドリーやインテルでもプレーしたサモラーノはボックス内で勝負するタイプのストライカーだった。いまやそういう選手はいなくなったとしつつ、完成度でいえば、アルバレスはハーランドやエムバペ以上だと感じているようだ。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名