11月20日に開幕を迎えたFIFAワールドカップ・カタール2022。32チームが参加して行われた大会は、大盛況の中でスケジュールを終えた。

12月18日には決勝戦が行われ、3-3とゴールを奪い合った末にPK戦でアルゼンチン代表が勝利。最後の大会と決意して臨んだリオネル・メッシがトロフィーを掲げ、世界全体がサッカーに熱狂した。

今回『Tuttomercatoweb』は、この大会に参加した32チームの監督についての平均評価点ランキングを公開している。

  1. ワリード・レグラギ(モロッコ):7点
  2. リオネル・スカローニ(アルゼンチン):6.79点
  3. 森保一(日本):6.75点
  4. タタ・マルティーノ(メキシコ):6.67点
  5. ジャリル・カドリ(チュニジア):6.5点
  6. チッチ(ブラジル):6.4点
  7. ギャレス・サウスゲイト(イングランド):6.38点
  8. グラハム・アーノルド(オーストラリア)6.38点
  9. ディディエ・デシャン(フランス):6.36点
  10. ズラトコ・ダリッチ(クロアチア):6.36点
  11. エルヴェ・ルナール(サウジアラビア):6.33点
  12. フェルナンド・サントス(ポルトガル):6.3点
  13. ルイス・ファン・ハール(オランダ):6.25点
  14. パウロ・ベント(韓国):6.25点
  15. アリュー・シセ(セネガル):6.25点
  16. グスタボ・アルファロ(エクアドル):6.17点
  17. エリック・バーハルター(アメリカ):6点
  18. ムラト・ヤキン(スイス):5.88点
  19. リゴベール・ソング(カメルーン):5.83点
  20. ジョン・ハードマン(カナダ):5.83点
  21. カルロス・ケイロス(イラン):5.83点
  22. ルイス・エンリケ(スペイン):5.75点
  23. チェスワフ・ミフニェヴィチ(ポーランド):5.75点
  24. オットー・アッド(ガーナ):5.67点
  25. フェリックス・サンチェス(カタール):5.5点
  26. ディエゴ・アロンソ(ウルグアイ):5.5点
  27. ドラガン・ストイコヴィッチ(セルビア):5.33点
  28. ハンシ・フリック(ドイツ):5.33点
  29. モアテン・ヒュルマンド(デンマーク)
  30. ルイス・フェルナンド・スアレス(コスタリカ):5.17点
  31. ロバート・ペイジ(ウェールズ):4.83点
  32. ロベルト・マルティネス(ベルギー):4.5点

やはりワールドカップ直前でモロッコ代表の指揮を任されたワリード・レグラギ氏が1位に。アフリカ勢として初のベスト4進出を成し遂げ、平均7点のレーティングを記録したよう。

日本代表の森保一監督は優勝したアルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督に次ぐ3位に。成績ではベスト16だが、強豪2チームに勝利したのは大きかったようだ。

【厳選Qoly】なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら