佳境を迎えている2022年ワールドカップ。クロアチアはモロッコとの3位決定戦に2-1で勝利した。

決勝トーナメントで日本とブラジルを撃破するなど大暴れしたチームを支えたのは、GKドミニク・リヴァコヴィッチ。27歳の守護神は妻ヘレナさんとその喜びを分かち合っていた。

『24sata』によれば、試合後にはこう述べていたそう。

「完璧な気分だよ。勝利で大会を締めくくれたこと、W杯2大会連続でメダルを持ち帰ることができたことにね。

みんなに喜んで欲しいし、メダルを持ち帰ることを待ちきれないよ。

僕はチームのためにいいるし、チームが僕を助けてくれたようにチームを助けたい。

自分が役に立てたことに大喜びしているよ」

クロアチアでは彼を今大会の最優秀GKに推す声があるが、果たして。

【関連】W杯クロアチアの美人妻と恋人たち! 獣医にモデル、14歳年上の姉女房も

なお、彼はマヌエル・ノイアーが負傷で今季絶望となったバイエルン・ミュンヘンが獲得を狙っているという話もある。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら