ベルギーリーグで首位を走るアントワープでレギュラーとしていプレーしていた三好康児。

先日、左膝の前十字靭帯を損傷し、数か月離脱することになった。手術を受けることも決まっており、ワールドカップ出場の望みは消滅…。

そうしたなか、アントワープの選手たちはシント=トロイデン戦で三好のユニフォームを掲げ、エールを送っていた。

「Stay strong Koji」とのメッセージも!

三好は「先日の試合で左膝の前十字靭帯損傷の怪我を負ってしまい手術することになりました。シーズン途中での離脱で悔しい気持ちもありますが、まだ終盤戦に間に合う可能性が残っているのでまずはしっかりと治して今以上に活躍する姿をお見せできるよう頑張ります」とSNS上で報告。何度も靭帯損傷に見舞われてきた宮市亮も「All the best」とのエールを送っていた。

【関連】宮市の復活を願う!「靭帯断裂から復活した」スター10名

なお、アントワープは日本人4選手が出場したシント=トロイデン相手に2-0で勝利している。