イタリア・セリエAのASローマは、11月に日本を訪れて親善試合を行うことを正式に発表した。

『EUROJAPAN CUP 2022』と銘打たれたこの日本ツアーでは、11月25日に豊田スタジアムで名古屋グランパスと、11月28日に国立競技場で横浜F・マリノスと対戦する予定になっているとのこと。

ASローマは日本の自動車メーカーであるトヨタとスポンサー契約を結んでおり、名古屋グランパスとは関係が深い状態となっている。

そして一方横浜F・マリノスはもちろん日産自動車のチームということで、「日本車ダービー」という対戦となる。

ジョゼ・モウリーニョ(ローマ監督)

「この11月、EUROJAPAN CUPのために私の選手を日本に連れていくことができる。それをとても嬉しく思う。

Jリーグで最も強く、最も有名な2つのチーム。名古屋グランパスと横浜F・マリノスと対戦できることを本当に楽しみにしている。

前回日本を訪問したときには素晴らしい思い出があり、日本のファンがどれだけサッカーを愛しているかも知っている。

再び日本に戻る機会を得て、選手たちが自分自身を試すチャンスを手にできることは、とてもエキサイティングなものだ。素晴らしい対戦相手、そして素晴らしい雰囲気の中でね」

【写真】モウリーニョ監督の「最も奇妙な補強」TOP10

なお、ローマが日本を訪れるのは2004年夏のプレシーズン以来18年ぶり。当時はFC東京と対戦していた。