ラ・リーガ第4節、バルセロナは敵地でのセビージャ戦に0-3で勝利した。

チーム2点目のゴールを決めたロベルト・レヴァンドフスキは4試合で5ゴールと得点を量産している。

Optaによれば、21世紀のリーガにおいてデビューからの4試合で5ゴール以上を決めたのは史上3人目。レヴァンドフスキは、2009年のクリスティアーノ・ロナウド(5点)、2011年のラダメル・ファルカオ(5点)に次ぐ記録を樹立したとのこと。

【動画】やっぱうめぇ!レヴァンドフスキ、バルサでやった圧巻胸トラボレー

チャビ監督も「ゴールだけでなく、ボールの落とし方、コントロール、決定力…ハイプレッシャーへの対処の仕方。素晴らしい選手だ。彼は時間を理解している。リーダーシップもあるし、全員を助けてくれる。勝者でありつつ、謙虚。彼がチームにいるのは最高だね」と絶賛している。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」